【特集】葬儀業者のえらび方

このページでは、一般的な葬儀社や互助会、JA・生協、共済など、その種類による違いと賢い業者の選び方を紹介します。

4つの種類別に考える葬儀業者の選び方

葬儀を請け負う企業は、特に資格や認可が必要ではありません。新規参入がしやすいですし、ホテル・鉄道業者の中にも葬儀を執り行うところがあります。また、いわゆる企業以外でも葬儀を行っているので、それらを4つに分類して、特徴を紹介していきます。

  • 一般的な葬儀社…葬儀をメインとした企業。大都市部では地価の問題もあり、ホールを持っておらず、公営施設や寺院などを利用する方が一般的。企業規模は全国展開しているところから、地元密着型の小規模業者まで幅広いのが実情です。葬儀社の多くは自社内で業務を完結するというより、必要なサービスを手配するプロデュース業的側面が強いことを知っておいてください。
  • 互助会…民間の営利団体。会員が生前に掛金を積み立てておいて葬儀を予約しておくシステム。いざ葬儀となった場合、積立金で全額カバーできるわけではなく、倒産リスクもないとはいえないので、互助会の場合は利用システムをしっかりチェックしておきましょう。
  • JAや生協…JAや生協でも組合員向けに葬儀サービスを提供しています。この場合、基本的に葬儀を請け負うのは提携する葬儀社で、組合員には料金が明瞭になるなどのメリットがあります。
  • 共済…葬儀社や互助会などが複数社連携して、会員から会費をとって葬儀費用から割り引くなどのシステムを採用しています。いろいろなサービス特典があったり、法人や保険会社との提携をしているのも特徴。

失敗しないための葬儀社の選び方

身内が亡くなってから葬儀社を決めるまで、あまり時間的余裕はありません。精神的にも弱っていることが多いので、落ち着いて業者を選定できないこともあるでしょう。病院から葬儀社を紹介されることもありますが、必ずしも良心的な業者とは言い切れないので、以下のような点をチェックしてみるといいでしょう。

  • 葬祭ディレクターが在籍している。または複数いる
  • JECIAなど葬儀社の格付機関による評価が高い
  • 国際規格ISO9001の取得企業が運営している
  • 小規模でも地元密着型で口コミ評価が高い
ここなら安心!葬儀プランの見積もり体験談
ページの先頭へ
安心できる大和市・綾瀬市・座間市の葬儀ガイド