葬儀の手続きについて

このページでは、事前準備/お通夜・葬儀の流れ/葬儀後の手続きの3つに分けて、段取りや準備に必要なモノなどを紹介します。

最低限知っておきたい葬儀の事前準備

葬儀の手続きなどの説明イメージ葬儀の手配に慣れているというヒトはそうそういないでしょうが、不慣れであっても事前準備の基本がわかっていれば、かなり不安も軽くなるでしょう。以下に7つの要点を挙げておきます。

  1. 会葬者の人数などを含めて葬儀の規模を検討する
  2. 無宗教も含めて葬儀の形式を決めておく
  3. 葬儀までの期間、遺体を安置しておく場所を検討する
  4. 斎場や寺院など、交通の便なども含めて葬儀場所を検討する
  5. 祭壇や演出など葬儀の内容を考える
  6. 葬儀に使う予算を検討する
  7. 葬儀社を複数社比較検討する

故人の菩提寺が決まっている場合などは場所や形式なども自ずと決まってしまいますが、そういった普段の関わりがない場合、ゼロベースで一通り検討することもあるでしょう。近年は比較的ひっそりと葬儀を行う傾向が強まっていますが、疑問や不安があれば信頼できる葬儀社を見つけるのが間違いありません。

お通夜・葬儀の流れ

仏式を例にとって、当日の流れをお通夜から順を追って列記しておきます。

  • お通夜
    遺族や関係者着席→僧侶による読経と焼香→遺族と参列者による焼香→通夜振る舞い→喪主からのお礼
  • 葬儀(告別式)
    遺族や関係者着席→司会による開式→僧侶による読経→弔辞や弔電の紹介→僧侶による焼香→遺族と参列者による焼香→喪主による挨拶→司会による閉式→お別れ→出棺
  • 火葬
    納めの式→火葬→骨あげ
  • 火葬後
    遺骨法要→精進落とし→引き継ぎや精算

なお、近年は遺骨法要初七日法要を合わせて行うことも珍しくありません。

葬儀後の手続き

葬儀後に遺族がしなくてはならない手続きは多岐にわたるので、リストを作って着実にクリアしていくといいでしょう。その際ある程度ジャンルを分けておくとわかりやすいと思います。

  • 名義変更をするもの/住民票や公共料金など
  • 相続に関わるもの/不動産、動産、各種金融商品など
  • 返却または解約するもの/運転免許証、クレジットカードなど

なお、遺言遺産の内容によっては遺産分割の法的手続きをきちんとしなければならないので、専門家に相談した方が無難です。

葬儀後、定期的に行なうべき法要

引継ぎや精算が終わった後も、様々な法要を行なう必要があります。期間によって異なる法要は、それぞれに意味を持っており、故人の冥福を祈るために営まれているのです。

初七日

近年では遺骨法要と併せて執り行われることが増えた初七日ですが、本来であれば命日を含む七日目に行なう必要があります。日数の数え方については、地域によって諸説あるため注意が必要です。前もって葬儀社の担当者に確認しておくといいでしょう。

初七日は故人が三途の川にたどり着く日とされており、法要を行なうことで川の流れを穏やかにし、故人が三途の川を渡れるようにするとされています。

四十九日

人は死亡した日から七日ごとに、生前の罪状を裁く審判が計7回あるとされています。四十九日目にあたる最後の審判は、来世の行き先が決まり、魂が解放される最も重要な日です。そのため四十九日は法要を営み故人を極楽浄土に送り出す必要があります。

また、残された遺族も「忌明け」に差し掛かる大切な日となります。法要後は忌明けの会食を行ない、日常生活に戻ることができるのです。 四十九日は初七日同様に大切な儀式となります。しかし、四十九日が平日に差し掛かると、親族が集まるのも難しくなります。そのような場合は、四十九日前に法要の日をずらしても構いません。

ここで気を付けておきたい点として、法要の日をずらす際は四十九日を遅れてはならないということです。四十九日前にずらす分には、曜日等の制約はありません。

  【四十九日で行なうこと】

  • 納骨
    一般的には、四十九日のタイミングに合わせて納骨を行ないます。原則、納骨を行なうタイミングには決まった期限は設けられておりません。しかし、一周忌までには納骨を済ませておくようにしましょう。
  • 位牌の準備
    葬儀で使われる白木位牌は、あくまでも仮の位牌です。漆塗りの本位牌は、四十九日の忌明け法要までに作り替える必要があります。本位牌は戒名の名入れに時間を要するため、二週間前には注文しておくようにしましょう。 位牌は故人そのものだと考えられており、宗派を問わず色や形を選ぶことができます。そのため、位牌は故人に似合うものを選ぶようにしましょう。
  • 【四十九日までの心得】

    昔から忌中の間は、結婚式などの行事には参加してはならないとされています。万が一、四十九日までに結婚式などのお祝い事に参加する予定がある人は、忌中であることを伝え参加を断るようにしましょう。

    どうしてもお祝いしたい場合は、忌明けが終わった後に改めてお祝いの言葉を伝えたり、ご祝儀を渡したりするようにしてください。

    百か日

    四十九日を終えると、次は死後百日目に行なう百か日法要を行ないます。

    「卒哭忌(そつこくき)」ともいわれる百か日は、遺族が悲しみをリセットするための法要です。以前は大きな規模で行なうことが多かった百か日ですが、近年では近親者のみで簡単に済ませることも多くなりました。「お別れ会」や「偲ぶ会」といった行事は、百か日に執り行われることが多いようです。

    年回法要

    年回法要は、定められた周期に行なう追善供養です。年回法要には命日から一年目に行なわれる一周忌。そして二年目の三回忌、六年目の七回忌と、三と七の年度に行なわれます。一般的には十三回忌と三十三回忌までの法要を行ない、以後は弔い上げとなります。

    年回法要に関しては宗派によって周期に違いがあるため、事前に確認しておくといいでしょう。

     

 

ここなら安心!葬儀プランの見積もり体験談
ページの先頭へ
安心できる大和市・綾瀬市・座間市の葬儀ガイド