葬儀の手続きについて

このページでは、事前準備/お通夜・葬儀の流れ/葬儀後の手続きの3つに分けて、段取りや準備に必要なモノなどを紹介します。

最低限知っておきたい葬儀の事前準備

葬儀の手続きなどの説明イメージ葬儀の手配に慣れているというヒトはそうそういないでしょうが、不慣れであっても事前準備の基本がわかっていれば、かなり不安も軽くなるでしょう。以下に7つの要点を挙げておきます。

  1. 会葬者の人数などを含めて葬儀の規模を検討する
  2. 無宗教も含めて葬儀の形式を決めておく
  3. 葬儀までの期間、遺体を安置しておく場所を検討する
  4. 斎場や寺院など、交通の便なども含めて葬儀場所を検討する
  5. 祭壇や演出など葬儀の内容を考える
  6. 葬儀に使う予算を検討する
  7. 葬儀社を複数社比較検討する

故人の菩提寺が決まっている場合などは場所や形式なども自ずと決まってしまいますが、そういった普段の関わりがない場合、ゼロベースで一通り検討することもあるでしょう。近年は比較的ひっそりと葬儀を行う傾向が強まっていますが、疑問や不安があれば信頼できる葬儀社を見つけるのが間違いありません。

お通夜・葬儀の流れ

仏式を例にとって、当日の流れをお通夜から順を追って列記しておきます。

  • お通夜
    遺族や関係者着席→僧侶による読経と焼香→遺族と参列者による焼香→通夜振る舞い→喪主からのお礼
  • 葬儀(告別式)
    遺族や関係者着席→司会による開式→僧侶による読経→弔辞や弔電の紹介→僧侶による焼香→遺族と参列者による焼香→喪主による挨拶→司会による閉式→お別れ→出棺
  • 火葬
    納めの式→火葬→骨あげ
  • 火葬後
    遺骨法要→精進落とし→引き継ぎや精算

なお、近年は遺骨法要初七日法要を合わせて行うことも珍しくありません。

葬儀後の手続き

葬儀後に遺族がしなくてはならない手続きは多岐にわたるので、リストを作って着実にクリアしていくといいでしょう。その際ある程度ジャンルを分けておくとわかりやすいと思います。

  • 名義変更をするもの/住民票や公共料金など
  • 相続に関わるもの/不動産、動産、各種金融商品など
  • 返却または解約するもの/運転免許証、クレジットカードなど

なお、遺言遺産の内容によっては遺産分割の法的手続きをきちんとしなければならないので、専門家に相談した方が無難です。

ここなら安心!葬儀プランの見積もり体験談
ページの先頭へ
安心できる大和市・綾瀬市・座間市の葬儀ガイド