お布施・戒名について

このページでは、お布施や戒名に関する相場や渡し方など、知っておきたい役立ち情報を紹介します。

相場はどのくらい?葬儀のお布施や戒名料

以前、イオンの葬儀サービスでお布施や戒名の金額を料金として明示した時のこと。その際、信士や信女の普通戒名料と読経とで25万円となっていました。現在は寺院紹介のお布施費用が15万円となっていて、これには読経や戒名授与が含まれています。一定の付き合いがある寺院だからこそできるのでしょうが、当初は仏教界からの反発もありましたし、最近でもAmazonお坊さん便が物議をかもすなど、試行錯誤が続いている状況です。

菩提寺があれば別ですが、一般人にとって相場感などがわかりにくいのがお布施や戒名。日本消費者協会によると、お布施と戒名料とを合わせて50万円程度という調査データもあります。寺院の格や故人が檀家総代の場合などで金額も変わるようですが、通夜と告別式の2日の読経で僧侶1名の場合、関東圏だとお布施が20万~35万円、関西圏だと20万円前後がひとつの目安になるでしょう。

戒名にはランクがあり、以下を目安としてください。

  • 信士・信女/20万~30万円
  • 居士・大姉/30万~50万円
  • 院号/50万~100万円

お布施の渡し方と戒名の必要性

お布施を渡す際の基本マナーとしては、以下を憶えておいてください。

  • 封筒の表書きは「お布施」とする。宗派による違いがあるので、読経料や回向料とはしない。
  • 渡す際は布施盆にのせて僧侶側に文字が向くようにする。
  • 渡す際は「葬儀」「戒名」というフレーズを含めた御礼を言って、戒名料を含めていることを暗示する。

お布施はもともと心付けですが、日本人のマインドとして失礼のない金額を渡すという風習があるので、葬儀社に相談する際にいくらがいいか確認しておくといいでしょう。

なお、仏式葬儀で寺院に墓がある場合、戒名は自動的につけられるものと思ってください。一方、公営や民営で特定宗派との関わりがない墓地を利用するなら、戒名がなくても問題ありません。

ここなら安心!葬儀プランの見積もり体験談
ページの先頭へ
安心できる大和市・綾瀬市・座間市の葬儀ガイド