料理・返礼品について

このページでは、遺族として考慮すべき葬儀の料理手配や食事中の振る舞い方、そして返礼品の選び方などを紹介します。

一般的な仏式葬儀における料理の基礎知識

葬儀における食事の機会は、一般的な仏式を例にとると、以下の3回になります。

  • 通夜振る舞い
  • 火葬時の軽食
  • 初七日法要後の精進落とし

火葬の後に初七日法要をするケースも多いので、実際には火葬の待ち時間には喫茶的な用意をして、精進落としで食事をするといったパターンが通例です。

かつては葬儀の際には肉や魚を食べないという習慣もありましたが、今では特に気にする必要はないでしょう。葬儀社に相談すれば葬儀向けの仕出し料理を手配してくれます。通夜の食事は大皿料理である程度人数の増減があっても支障ないようにするケースが見られます。精進落としはお膳や弁当などを出席者分用意するといった具合です。

喪主の振る舞いとして憶えておきたいのは、通夜振る舞いでは最初と最後の挨拶と、出席者への挨拶回り。お酌をするしないは常識レベルで判断してください。

精進落としの席では、僧侶が上座喪主や遺族は末席に座ります。ここでも出席者を回って御礼を言ったり故人を偲ぶ会話を交わすなどします。

一般的な仏式葬儀における返礼品の基礎知識

弔問に対する御礼としては礼状とともに物品を渡しますが、それは以下の3つに分類することができます。

  • 通夜返礼品/通夜振る舞いに参加せず帰る人に渡します。
  • 会葬返礼品/会葬者全員に渡します。
  • 香典返し/香典に対する返礼品で、葬儀当日に渡すのが即日返し、四十九日後に送るのが忌明け返しとなります。

一方、最近はあまり上記のような明確な区別はなく、弔問に来た人全員に会葬礼状と返礼品を渡すケースが増えています。葬儀社のプランによってはこれらがパッケージに含まれる場合もあり、返礼品は500~1,000円といったところが相場です。

また、香典返しでも予め返礼品を用意して即日返しするケースも多く、この場合は香典の金額に関係なく、3,000円程度の物品を渡すようです。一方、忌明け返しをする場合は香典の金額によって半額程度の物品を送る半返しや、1/3程度の物品を送る三分返しといった習慣があります。

ここなら安心!葬儀プランの見積もり体験談
ページの先頭へ
安心できる大和市・綾瀬市・座間市の葬儀ガイド