見積もり時の注意点は?

このページでは、費用の内訳や複数業者への相見積もりなど、葬儀費用を検討する際に知っておくべきポイントを紹介します。

項目別に傾向を知ろう

葬儀の見積もりの説明イメージ最近はネットで明確な見積もりシミュレーションができる葬儀社が増えていることもあり、葬儀費用も以前に比べればかなり透明性が増してはいますが、それでも内訳などをきちんと理解しているヒトは少ないはず。そこで、ここでは葬儀費用を主要項目に分けて、注意点などを紹介していきます。

  • 儀式費用
    葬儀自体に必要な基本料金的意味合い。葬儀社やプランによって金額の幅はありますが、一般的には祭壇や棺、位牌・遺影などが含まれ、見積もり段階で比較検討して確定することができます。
  • 車両関連費用
    葬儀社や選ぶプランによっては寝台車の利用料金が一定距離までは基本料金に含まれることがあります。その反対に、寝台車や遺族が移動するためのマイクロバスの費用及び式場と火葬場との距離などによって事後に金額が確定するケースもあります。
  • 安置・斎場・火葬費用
    式と火葬の日取りが決まった段階で金額が確定します。
  • 飲食・返礼品費用
    参列者の人数によって変わるため、一般的には葬儀後に精算することになります。
  • お布施・戒名
    葬儀社による紹介だと見積もり通りの金額に収まりますが、直接寺院などに依頼する場合は見積もりをとるわけにはいかないでしょう。

葬儀の見積もりをとる際の注意ポイント

葬儀費用を複数業者に相見積もりをとるのはよくある話しで、葬儀を行おうとするエリアを得意する業者同士で、3社程度は見積もりを比較してみることをおすすめします。

比較する時に重要なことは、同程度のプランで見積もり依頼をすること。そして、立替実費となっている項目を除くと、概ねそれぞれの業者独自のサービスや商品などを比べやすくなるでしょう。業者によって基本セットに含まれる内容も異なるので、見積もり依頼をする際はできるだけ同じ条件になるようにしてください。

また、上でも触れたように、実費的な費用は見積もり時点と精算時で金額が異なる場合もあります。いつ葬儀をすることになるかは誰にも予想できませんが、事前相談できるようならいざという時に多少なりとも余裕が持てるのではないでしょうか。

ここなら安心!葬儀プランの見積もり体験談
ページの先頭へ
安心できる大和市・綾瀬市・座間市の葬儀ガイド